あたたかな灯りが誘う、佐賀の夜旅へのメイン画像

御船山楽園~紅葉まつり&ライトアップ~ 12/4(土)まで!

50万平米に広がる秋景色と、 日本最大級の紅葉ライトアップをご紹介。
御船山楽園は、佐賀・鍋島藩の第28代武雄領主・鍋島茂義公が、日本を代表する狩野派の絵師を京都から招いて完成予想図を描かせ、約3年かけて1845年に完成した池泉回遊式庭園です。2010(平成22)年2月22日に佐賀県初の国登録記念物(名勝関連)に指定されました。

紅葉まつり開催中

御船山山麓にある武雄領主鍋島茂義の別邸跡(造園は1845年)で50万平米の大庭園を誇り、春夏秋冬と様々な景色を楽しめます。11月中旬~12月上旬は庭園の紅葉が色づき、見事な錦秋の風景が広がります。

お昼の紅葉を見た後は、夜の庭園ライトアップもいかがでしょうか。
最も紅葉が密集しているひょうたん型の大池周辺の散策路に灯りが設置され、夕暮れの茜色から漆黒へとそれぞれの時間帯で訪れる人を魅了します。庭園ライトアップ期間中、「荻野尾御茶屋」も特別公開されます。昼は「粉茶と串団子のセット」夜は「粉茶とぜんざいのセット」を販売しています。

『萩野尾御茶屋』は江戸時代後期の造園時に、第28代武雄領主鍋島茂義公が創建した鍋島男爵別邸です。

 

画像:御船山(秋の夜)
夜/たまゆらの夕べ
画像:御船山(秋)
昼/紅葉まつり

期間:2022年11月8日(火)~12月4日(日) 【雨天開催】
開園時間:昼/08:00~17:30 夜/17:30~22:00
料金:昼または夜:大人(中学生以上)600円、小学生300円
   昼夜共通:大人(中学生以上)900円、小学生400円
   ※竹林亭・御船山楽園ホテルにご宿泊のお客様は入園無料

住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
問合先:御船山楽園(0954-23-3131)

11月18日現在の状況はこちら

ライトアップは御船山楽園で最も美しい池の紅葉から樹齢170年の大モミジまでの散策路です。入園後は順路(反時計回り)に沿って見学し、最後に荻野尾御茶屋から見ていただくのがおすすめです。

記事一覧に戻る