ながさき『冬の温泉』開店中 ♪

全国で最も島が多い県として知られる長崎県。周りを海で囲まれているため、夏のイメージが強いかもしれません。でも、冬の長崎も実はアツイんです!寒い季節に最高の癒しと言えば「温泉」。そう、長崎県内には魅力ある「温泉」が点在しているんです。観光、グルメ、そして最後は温泉で!
今年の冬は “あったかい長崎の旅” を、ぜひ堪能してみませんか?

雲仙温泉郷【島原半島】

奇跡の温泉郷

島原半島は、地獄から噴出する硫黄の匂いに満ちた「雲仙温泉」、夕日が美しい「小浜温泉」など、それぞれ泉質の異なる温泉が湧き、古くから「温泉郷」として親しまれてきました。
バラエティに富んだ湯温や効能を楽しむことができる温泉地は国内でも珍しく、「奇跡の温泉郷」と言われています。

雲仙温泉郷(外部リンク)

【モデルコース】島原半島『雲仙温泉郷』をめぐるワクワク9コース

 

日帰り温泉・立ち寄り湯特集!

波の湯「茜」【雲仙市】

海と一体化したような極上の露天風呂。満潮時には海面との差が20センチほどになるため、まるで海と湯船が一体化したかのような感覚で入浴が楽しめます。おすすめの時刻は夕刻。橘湾に落ちる夕日を楽しみながらの湯浴みは、格別なひとときです。広い温泉を3,000円で貸し切れます。

詳細はこちら(外部リンク)

 


YUASOBI(ゆあそび)

小浜温泉で立ち寄り湯を楽しもう!蒸気サウナ付きの貸し切り温泉がオープンしました。
さまざまな個性ある湯船と全室蒸気サウナ付きの貸し切り温泉です。

詳細はこちら(外部リンク)

 

 

脇浜共同浴場 通称「おたっしゃん湯」【雲仙市】

雲仙市小浜町にある脇浜共同浴場、通称「おたっしゃん湯」。昭和12年(1937)創業の昔ながらの共同浴場です。当時の雰囲気を残す木造平屋造りの昭和レトロなたたずまいは、長崎県のまちづくり景観資産にも選ばれています。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

雲仙温泉 小地獄温泉館【雲仙市】

こちらの小地獄温泉館は、温泉マニアも唸る秘湯です。
歴史は古く、享保16年(1731年)に湯治場として開かれたことに由来し、かつては吉田松陰も訪れたと言われています。小地獄温泉館は大正8年に開館した共同浴場で、木造の建物は秘湯気分を醸し出しています。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

島原温泉 南風楼(なんぷうろう)【島原市】

しっとりとした湯ざわりで、美肌効果が評判の島原温泉。全面海に面した露天風呂から見る眺めは最高です。効能豊かなお湯でごゆっくりと、有明海をみながら絶景温泉を楽しんでください。
ブックカフェやグランピング施設も完備されています。

関連情報はこちら(外部リンク)

■【関連記事】週末は友達と「ホカンス」でプチぜいたくな女子旅を♪島原市を最高に楽しむ1泊2日♡(外部リンク)

 

原城温泉 真砂(まさご)【南島原市】

ゆったりぽかぽか美人の湯「原城温泉 真砂(まさご)」。
海に面した浴場からは、美しい有明海が広がり、まるで海の中と錯覚をうけるようなお風呂です。大浴場には、打たせ湯・ジャグジー・サウナなどが完備されています。
また近くには「原城跡」があり、島原半島の観光拠点としても利用できるスポットです。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

長崎エリア

長崎温泉 Ark Land Spa(アークランドスパ)【長崎市伊王島】

九州最大級のスパテーマパーク「長崎温泉Ark Land Spa」。
開放感抜群の展望露天風呂で天然温泉を楽しむ極上のひととき。
1年中水着で楽しめる全天候型「スパテーマパーク」、海を眺めながら一日中ゆったり寛げる「BOOK&岩盤TERRACE」など、季節や天候を気にせず幅広い年代の方が1日中楽しめる伊王島の癒しスポットです。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

天然炭酸温泉 のもん湯【長崎市野母町】

2021年リニューアル!リゾート気分満載の施設。
軍艦島を望む素晴らしい景観とその濃度1,000ppm以上!日本屈指の高濃度炭酸泉!最近の研究により、含まれる炭酸ガスが恐竜時代の地層に由来する可能性があることが分かりました。恐竜の化石が多数発見されている野母崎ならではの天然温泉なのです。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

長崎温泉 喜道庵(きどうあん)【長与町】

長崎県長与町にある長崎温泉 喜道庵(きどうあん)。一面に広がる大村湾を眺めながらの露天風呂は、まさに爽快です。天然丸太を使用した、日本でも最大級の大きさの校倉づくりのログハウスが特徴で、広々とした大浴場と大村湾を一望できる露天風呂で最高のひとときを過ごせます。
併設するコワーキングスペース「Mukava Ranta」(ムカヴァランタ)が2022年7月にオープンしました。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

佐世保・県北エリア

天空の宿 山暖簾(やまのれん)【佐世保市】

世界的建築家「黒川紀章氏」総合プロデュースの宿。大パノラマ露天温泉が絶品!!
天然温泉「くにみの湯」は、体の芯から温まる肌に優しいお湯♪

関連情報はこちら(外部リンク)

 

 

平戸温泉【平戸市】

平戸温泉のヌルヌルとした肌触りは美肌効果があるといわれており、そのため別名「美人の湯」ともいわれています。
日本で最初の海外貿易港として栄えた平戸。異国情緒溢れる史跡や世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の「中江ノ島」と「春日集落と安満岳」があります。
市内各所には温泉を楽しめる宿泊施設があり、観光拠点としてもオススメです。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

福之島Hotel&ResortTSUBAKI【松浦市】

福岡から車で約1時間、車中泊も楽しめる福島町唯一の温泉宿。
塩分濃度が濃く、美肌の湯とも言われる「福島温泉」は、西九州では珍しい茶褐色「にごり湯」の天然温泉。自社製ほうじ茶を使用したセルフロウリュが楽しめるフィンランド式サウナを備えています。貸切展望露天風呂は海を眺めながらゆったり入浴できます。美しい情景と海の恵みに癒されてください。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

はさみ温泉 湯治楼 (ゆうじろう)【波佐見町】

波佐見町にあるはさみ温泉 湯治楼 (ゆうじろう)。とろみがあり、美肌にいいと評判のお湯。3つの内風呂はすべて源泉かけ流しで、蛇口のお湯も温泉水を使用する贅沢な温泉。別名「心臓の湯」とも呼ばれる高濃度炭酸泉もあり、健康効果が高く体の芯からあたたまる温泉です。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

【離島エリア】

上対馬温泉 渚の湯【対馬市】

海を見渡せる温泉が爽快!紺碧の海に広がる水平線を眺めながらゆったりとくつろげる温泉です。日本の渚百選にも選ばれた海、三宇田浜に隣接していて、家族みんなで楽しめます。

関連情報はこちら(外部リンク)

上対馬温泉 渚の湯公式サイト(外部リンク)

 

湯本温泉 (ゆのもとおんせん)【壱岐市】

700年の歴史を誇る湯本温泉。壱岐島北西岸の入り江に湧き出る温泉郷。そこからは夕陽に浮かぶ美しい島々の風景を眺めながら温泉が楽しめます。源泉の数も多く13ヶ所。国民宿舎から旅館、湯治温泉など、14軒の多彩な温泉施設が揃っています

関連情報はこちら(外部リンク)

 

鬼岳温泉(五島コンカナ王国)【五島市】

褐色の濁り湯が身体に優しく、心安らぐひととき。特に露天の褐色の濁り湯は神経痛や疲労回復など効能豊か。日本で最後に沈む夕日や、満天の星空を眺めながら至福の時間を楽しんでください。※宿泊者限定・日帰り入浴はご利用できません。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

五島列島リゾートホテル マルゲリータ【上五島町】

温浴施設(スパ)は、室内と露天の温泉。湯上がりは、海をながめるデッキへ。夕陽をのぞむbarでアペリティフはいかがでしょうか。

関連情報はこちら(外部リンク)


五島列島リゾートホテル マルゲリータ奈良尾もオススメ!

関連情報はこちら(外部リンク)

 

冬でもOK!テントサウナ特集

清流と棚田の里【長崎市琴海】

イメージ画像

クールダウンは川で!大自然の中で「ととのう」。
サウナに入って「ととのう!」が、大自然の中でできるなんて素敵だと思いませんか?
長崎市の郊外、琴海地区でテントサウナが体験できます。最大4人が入れるテントでじっくり汗を流したあとは、そばの川に入ってクールダウン。リクライニングする椅子に身を預けて外気浴をする流れです。
棚田での田植え体験やお茶畑でのお茶摘み体験など自然体験を行える他、ピザ窯でのピザ焼き体験や自然を生かしたテントサウナという新たな価値を提供しています。

関連情報はこちら(外部リンク)

 

レストハウス 森のしらべ【雲仙市】

「アクティビティプラネット雲仙」に今話題のテントサウナを楽しめるプランが登場!大自然に囲まれながらサウナでしっかり汗をかいてから、目の前の清流(川)でひんやりクールダウン♪水風呂に入った後は、川のせせらぎに耳を澄ませながらのんびり外気浴で「究極のリラクゼーション」を体験してみませんか?

関連情報はこちら(外部リンク)

 


 

記事一覧に戻る