リゾートムード満点!夏のハウステンボスへのメイン画像

リゾートムード満点! 夏のハウステンボスへ

開業30周年を迎えたアニバーサリーイヤーのハウステンボスに、エキサイティングな夏が到来!海外のリゾート地のような異国情緒あふれるパークには、夏らしいイベントやアトラクションが目白押し。今年の夏はハウステンボスで、昼から夜まで充実の一日を過ごしませんか。

サマーフェスティバル【光の街の夏祭り】

期間:7月9日(土)~9月9日(金)

画像:サマーフェスティバル 光の町の夏祭り

ハウステンボスの夏といえば、「サマーフェスティバル【光の街の夏祭り】」!異国の音楽にのせたナイトショーとビール祭が夏の夜を盛り上げる恒例のイベントです。

画像:異国の音楽にのせたナイトショー
画像:ビール祭が夏の夜を盛り上げる恒例のイベント

ベイサイドのステージでは「チームエキサイト」による華麗なダンスショーやポリネシアンダンスチームによる南国の熱いステージを毎日開催。まるで海外のリゾート地にいるかのような異国情緒を満喫できます。また、ベイサイドキッチンの各レストランではビール祭を開催。九州のクラフトビールやメガジョッキなど、さまざまなビールをボリューム満点のグリル料理と一緒に味わいましょう。さらに、今年はレストランの店内やテラス席に無数のランタンが登場。あたたかな光に照らされ、一層ロマンチックな雰囲気に包まれます。

画像:夜空から広大なアートガーデンへと流れ落ちる幅66メートルの「光の滝」
画像:音楽に合わせて日本最長85メートルの光の噴水が躍動する「ウォーターマジック」

夜のハウステンボスの代名詞、イルミネーションも夏仕様にチェンジ。夜空から広大なアートガーデンへと流れ落ちる幅66メートルの「光の滝」や、音楽に合わせて日本最長85メートルの光の噴水が躍動する「ウォーターマジック」など、この季節ならではの演出を楽しめます。

昼も夜も、アクティブもリラックスもおまかせの「リゾートプール」

期間:7月9日(土)~9月9日(金)※ナイトプールは7月16日(土)

画像:ガーデンプール俯瞰

暑い夏はやっぱりプールで水遊び!ハウステンボスにはアクティブに遊べる屋外型プールとのんびり過ごせる屋内型プールがあり、思い思いに楽しめます。開放感抜群の屋外型プール「ガーデンプール」には、ウォーターキャノンが打ちあがる直径50メートルの大プールや高さ10メートル、全長約70メートルの「メガスライダー」、ロープにつかまってプールにダイブする「ターザンプール」などがあり、大人から子どもまで大興奮間違いなし。小さい子どもに安心な浅めの「キッズプール」もあります。
※「メガスライダー」は小学生以上・身長120センチ以上・体重20キログラム~100キログラムの条件をすべて満たしている方、「ターザンプール」は小学生以上・身長150センチ以上の条件をすべて満たしている方に利用制限されています。

画像:南国感たっぷりの屋内型プール「森のプール」

「森のプール」は、南国感たっぷりの屋内型プール。リゾートムード溢れる植物に囲まれながらゆっくりと進む「流れるプール」やのんびりとした時間を過ごせる「円形プール」でゆったりとした時間を過ごしましょう。たっぷり遊んだあとのココロとカラダをほぐす「森のジャグジー」や「洞窟ジャグジー」もおすすめです。

画像:屋外型「ガーデンプール」
画像:ナイトプール

7月16日(土)からは、SNS映えもばっちりのナイトプールがスタート!屋外型「ガーデンプール」では、泡まみれになって遊べる泡タイムや、色とりどりにライトアップされたウォーターキャノンショーなど、盛り上がり間違いなしの演出が盛りだくさん。花火開催日(8月6日・7日・11日~15日、20日・21日)は、プールから花火を見ることもできます。

画像:「森のプール」のナイトプール1
画像:「森のプール」のナイトプール2

屋内型「森のプール」は夜になると幻想的な空間へと変身。七色の光に包まれながらのんびりリラックスタイムを過ごしましょう。
※「森のプール」のナイトプールは18歳以上限定です。

パーク内のあちこちに夏の花・ひまわりが開花!

期間:7月9日(土)~9月9日(金)

画像:パーク内のあちこちに夏の花・ひまわりが開花

いつ訪れても季節の花々が目を楽しませてくれる“花の街”ハウステンボス。今年の夏はパーク内がひまわりでいっぱいに!季節の花々の間を散策できる「フラワーロード」や花と音楽に包まれる「花の広場」など、今年はひまわりの新スポットが続々と登場。7月下旬~8月上旬は、ヨーロッパの田園風景を思わせる「バスチオン」の風車を中心に広がるひまわり畑が見頃を迎えます。

画像:人気の「花かんむり」などのグッズもこの時期はひまわりモチーフに変身
画像:ひまわりをイメージした圧巻の映像美を誇る「3Dプロジェクションマッピング」

人気の「花かんむり」などのグッズもこの時期はひまわりモチーフに変身。圧巻の映像美を誇る「3Dプロジェクションマッピング」や頭上を色とりどりの傘が彩る「アンブレラストリート」、場内を走るバスなどもひまわり柄で埋め尽くされます。また、カフェやレストランではひまわりをイメージしたスイーツを提供。思わず写真に撮りたくなる可愛さと季節のフルーツを使った夏らしい味わいを楽しめます。

アスレチックで遊ぼう!ふしぎの森「ファンタジーフォレスト」がオープン

7月16日(土)オープン

画像:キッズ向け屋内アスレチック「~キッズワールド~ファンタジーフォレスト」

天候を気にせずに利用できるキッズ向け屋内アスレチック「~キッズワールド~ファンタジーフォレスト」がいよいよオープン!巨大な木や花に囲まれるふしぎの森で、こびとになったかのような感覚で体を動かして遊びましょう。ネットクライミングを楽しめる全長約9メートルの秘密基地や巨大なトランポリン、滑り台などワクワクするアスレチックがたくさん。やわらかい遊具を設置した1~3歳向けのエリアもあり、子どもの成長に合わせて遊具を選ぶことができます。巨大なカボチャや花のオブジェなどフォトスポットも充実しています。

約2,000発の花火が夏空に開く「サマーナイト花火」

開催日:8月6日(土)・7日(日)・11日(木・祝)~15日(月)・20日(土)・21日(日)

画像:サマーナイト花火

8月には、9日間限定で「サマーナイト花火」が開催されます。陽気な音楽に合わせて打ちあがる花火は約2,000発!ハーバータウンの海上に開く花火をパーク内の各所から鑑賞できます。

椅子に座ってゆっくりと見られる「花火特別観覧席」やショーやグルメと楽しむプランも発売。船上から眺める「花火観覧クルーズ」やホテルのプライベート空間でゆっくりと楽しむなど、さまざまなスタイルで花火を満喫しましょう。

九州一大花火まつり

開催日:10月8日(土)

画像:九州一花火大会

西日本最大級の約22,000発を打ち上げる「九州一大花火まつり」が今年も開催されます。ハウステンボス開業30周年の今年は「30周年スペシャル」として内容をバージョンアップ!九州の花火師11社とオランダの花火師が競演する「開業30周年記念メモリアル花火」や日本の有名花火師30社による直径30センチ、重さ約8.5キログラムの「一尺玉競演会」、クライマックスの5分間に5,000発・幅1キロメートルにわたって打ち上がる大迫力の「大スターマイン」など、一瞬たりとも目が離せない内容です。

©HuisTenBosch/J-20237

記事一覧に戻る