menu

model course

定番コースから、人気スポットを含む佐賀・長崎をまたぐ広域コースまで様々なコースをご紹介しています。

新幹線かもめのイラスト

2022年秋開業!西九州新幹線でぴゅーん!と巡る佐賀・長崎の魅力再発見の旅♪

佐賀県

長崎県

武雄・嬉野

鹿島・太良・白石・大町・江北

長崎・西彼・県央

島原半島

2泊3日

#鉄道

#体験

#自然・絶景

#歴史

#温泉

2022年秋、ついに西九州新幹線(武雄温泉駅~長崎駅)が開業!
開業したばかりの新幹線とローカルな景色を見ることができる在来線で、佐賀と長崎の魅力を新たなルートで巡る旅♪日本酒、やきもの、世界遺産、夜景観光、スイーツなど感動いっぱいのおススメコースです。

START

1日目

博多駅

JR特急+在来線

肥前浜宿

佐賀の酒どころ、酒蔵通りで日本酒を堪能

肥前浜宿は浜川の河口につくられたまちなみで、室町時代には町として成立していたと考えられています。
江戸時代は長崎街道多良往還(多良海道)の宿場町として、また有明海に臨む港町として豊かなまちなみがつくられました。
平成18年4月に茅葺町家と桟瓦葺町家が軒を連ねる在郷町「浜庄津町浜金屋町」(はましょうづまちはまかなやまち)と白壁土蔵造りの酒蔵が数多く残る醸造町「浜中町八本木宿」(はまなかまちはちほんぎしゅく)の2地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
浜中町八本木宿は通称「酒蔵通り」と呼ばれ、酒蔵見学なども行っており、茅葺の武家屋敷「旧乗田家住宅(市の重要文化財指定)」や「継場」などの建物も見ごたえがあります。
一味違ったまちなみガイド(要予約)の案内による散策もできますので、ぜひ足をお運びください!

住所
鹿島市

詳細ページ

約7分

祐徳稲荷神社

日本三大稲荷からご利益をいただいて、門前商店街で肉うどんの昼食♪

伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社。地元では「祐徳(ゆうとく)さん」の愛称で親しまれています。 貞享4(1687)年創建。鹿島藩主鍋島直朝(なおとも)の夫人花山院萬子姫が京都から輿入れする際、京都御所内の花山院邸に鎮座する稲荷大神から分霊されたものです。木々の緑に映える建物の鮮やかな朱色が印象的で、神殿、拝殿、楼門など主要建物は総漆塗り。石壁山を背後にして本殿がたち、山裾の広い境内には楼門、神楽殿が立っています。その美しさから「鎮西日光」とも呼ばれています。衣食住の祖神と仰がれ、五穀豊穣、商売繁盛、家運繁栄、大漁満足、交通安全などの守護神として信仰があつく、参詣者は年間300万人。12月8日の秋祭で「お火たき」の神事が行われています。また外苑の東山公園はツツジの名所。シーズンには5万本のツツジの美しい花があふれます。 隣接する祐徳博物館には、祐徳稲荷神社の宝物などをおさめるほか、鹿島錦の作品、歴代鹿島藩主の鎧、刀、美術品などを展示しています。

住所
鹿島市

詳細ページ

約20分

肥前吉田焼窯元会館

「えくぼとほくろ」でお気に入りのやきものを見つけよう♪

住所
嬉野市

約7分

GOAL

嬉野温泉

START

2日目

嬉野温泉駅

駅から観タクン利用

Tea Tourisum

生産農家の方と話しながらうれしの茶を味わう

嬉野のまちと美しい山並みを望める茶空間。非日常体験を。

住所
嬉野市嬉野町大字下野甲427

駅から観タクン利用

嬉野温泉

[昼食]嬉野名物!とろっとろの温泉湯どうふ

嬉野温泉の温泉水を使って調理した湯豆腐。嬉野(うれしの)温泉ならではの味です。温泉のアルカリ成分が豆腐のにがりに作用して、トロリなめらかな味わいをつくりあげました。肉や料理と一緒に鍋物でも、そのまま葱や鰹節を添えても美味しい。嬉野温泉の朝食として人気で、体にやさしい味わいがうれしいメニューです。嬉野温泉を体の中から楽しめる逸品。グルメ漫画「美味しんぼ」にも登場し、全国的にも有名になりました。嬉野温泉の旅館や料理店で味わうことができます。また、豆腐、調理水、薬味、たれなどがセットになった温泉湯どうふセットの宅配便による販売もありますので、一度お試しください。

WEB/https://spa-u.net/facility/2017/07/post-23.php

住所
嬉野市

詳細ページ

駅から観タクン利用

嬉野温泉駅

JR西九州新幹線

長崎駅

長崎電気軌道一日乗車券利用

大浦天主堂

お得な一日乗車券で楽しむ長崎市内観光

大浦天主堂は、幕末の開国にともなって造成された長崎居留地に、在留外国人のために建設された中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会で、現存するものでは国内最古となります。

聖堂内を飾るステンドグラスの中には、約100年前のものもあります。

また、建立直前に殉教した日本二十六聖人に捧げられた教会であり、天主堂の正面は殉教の地である西坂に向けて建てられています。

設計指導者はフランス人宣教師のフューレとプティジャンの両神父で、施工は天草の小山秀之進(のちに、「秀(ひいで)と改名」)です。

1864年末に竣工し、翌年2月に祝別されました。

この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となりました。

1875年と1879年の増改築により、平面形式と外観デザインも変容し、外壁も木造からレンガ造に変更されましたが、内部空間の主要部には創建当初の姿が保存されています。

1933年に国宝となりましたが、原爆による損傷の修復が完了した後、現存する日本最古の教会建築として1953年に再度国宝に指定されました。

また、2018年にユネスコの世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつです。

住所
長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号
0958232628
利用可能時間
8:30~18:00(最終入館17:30)
利用料金
大人1,000円、中高生400円、小学生300円
※団体割引あり

詳細ページ

グラバー園

「グラバー園」は、 国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。
 
園内は長崎独特の坂の地形のため、動く歩道、エスカレーターを設け、壁泉・石畳による回遊道路をめぐらし、異国情緒あふれる観光名所としてたくさんの人々に親しまれ、年間100万人以上の観光客が訪れています。

長崎港、稲佐山をはじめとする緑したたる山々、人々の息づかいが感じられる街並み。偉人たちも魅せられた絶景が広がるとびきりのビュースポットでもあります。

特に、旧三菱重工造船所第2ドックハウスのベランダからの景観は圧巻で港内を行き交う船の音が間近に聞こえてくる旧リンガー住宅前庭や、旧グラバー住宅前からの景色もオススメです。

また園内には至る場所に花々が配され、いつ訪れても四季折々の花々を愛でる喜びを味わうことができます。

夜のグラバー園は、昼間とは違うロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

夜の観光として、7月中旬から10月初旬夜間開園を実施し、旧グラバー住宅をはじめとした洋館群がライトアップされます。

園内にあるハートストーンは「カップルでこの石に手を重ねると幸せになれる」「この石に触れて願いごとをすれば恋が叶う」などいずれも恋愛に関する伝説を持ち、パワースポットとして人気急上昇中です。

住所
長崎県長崎市南山手町8-1
電話番号
0958228223
利用可能時間
8:00~18:00(通常期間)
※夜間開園期間あり(詳細はHPよりご確認ください)
※入園受付終了時間は、閉園の20分前となります
定休日
年中無休
利用料金
一般620円、高校生310円、小中学生180円 ※団体割引あり

詳細ページ

長崎新地中華街

唐船専用の倉庫を建てるために埋め立てられた新地でしたが、今では日本三大中華街のひとつとなっています。

東西南北全ての入り口に中華門が立つ、縦横あわせて約250メートルの十字路で、通りには中華料理店等が軒を連ねています。

冬のランタンフェスティバルでは赤色のランタン(中国提灯)が通りを彩り、異国情緒ただよう幻想的な世界へと街を彩ります。

住所
長崎県長崎市新地町

詳細ページ

平和公園

原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。

「平和祈念像」
長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製の平和祈念像。制作者の長崎出身の彫刻家北村西望氏はこの像を神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めました。毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」と定め、この像の前で平和祈念式典がとり行なわれ、全世界に向けた平和宣言がなされます。

住所
長崎県長崎市松山町 平和公園内
電話番号
0958291162

詳細ページ

長崎電気軌道一日乗車券利用

長崎駅

約20分

稲佐山中腹

長崎稲佐山スロープカー(NEW!2020年2月誕生)

稲佐山展望台

長崎の夜景を見ながらディナー

長崎市のランドマーク的存在で、夜景鑑賞に大変人気のスポットです。

長崎の夜景は2012年に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれました。
また、2015年には、神戸、札幌と共に「日本新三大夜景」にも選ばれました。

稲佐山から眺める夜景は、「1,000万ドルの夜景」と称されるほど美しく、一見の価値あり!です。
平成23年4月には展望台がリニューアルオープンし、床に散りばめられた照明による光の空間が、ロマンティックな雰囲気を演出しています。

夜景だけでなく、晴れた日の昼間には、長崎市街地はもちろんのこと、雲仙、天草、五島列島まで眺めることができます。

住所
長崎県長崎市稲佐町
電話番号
0958228888
利用可能時間
展望塔:8:00~22:00
※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放) 
稲佐山展望駐車場 24時間営業
長崎ロープウェイ 営業時間:9:00~22:00
利用料金
長崎ロープウェイ
個人往復:一般1,230円/中・高校生920円/小学生610円 
個人片道:一般720円/中・高校生510円/小学生410円 ※団体割引あり 

稲佐山展望駐車場(普通車40台)
利用料金:30分ごとに100円(ただし最初の20分は無料)
※マイクロバスは、降車・乗車専用として使用可。(駐車不可)

詳細ページ

長崎稲佐山スロープカー

約20分

GOAL

長崎市内で宿泊

START

3日目

長崎駅

JR西九州新幹線or在来線(約20~30分)

諫早駅

ぐるっと島鉄フリーきっぷ(約60分)

大三東駅

日本一海に近いともいわれている、TVCM等で話題の駅

列車から降りるとすぐ穏やかに広がる有明海を一望できる。大手飲料メーカーの炭酸飲料のCMロケ地として採用され話題に。
駅を訪れた人たちの願い事やメッセージなどが書かれた「幸せの黄色いハンカチ」が掲げられている。一定期間後にハンカチは神社へ奉納される。青い海と空、そして黄色いハンカチのコントラストは、映画のワンシーンを彷彿させ、見るだけで幸せな気分。

住所
島原市下川尻町72番地76
電話番号
0957-62-2263(島原鉄道株式会社)

ぐるっと島鉄フリーきっぷ(約10分)

島原駅

約10分

島原城

1616年、大和(奈良県)五条から島原に移封した松倉豊後守重政は、1618年から7年余の歳月を費やして島原城を築きました。

現在、城内の建物はキリシタン史料館(天守閣)、北村西望記念館(巽の櫓)民具資料館(丑寅の櫓)などに利用されています。なかでもキリシタン史料館は、有名なキリシタン大名有馬晴信(ドン・プロタシオ)時代に盛んであった南蛮貿易時代から、宣教時代・禁教時代・弾圧時代と続き、島原の乱関連の資料を展示しています。

西望記念館は日本彫塑界の巨匠で文化勲章を受賞した郷土出身の芸術家北村西望氏の代表作を展示している施設です。

また観光復興記念館では198年ぶりに噴火した雲仙普賢岳の噴火活動の経過を写真、模型、200インチのスクリーンで紹介しており、火山学習に最適なスポットとなっています。

住所
長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号
0957624766
利用可能時間
9:00~17:30
定休日
12月29日、12月30日
利用料金
大人/550円 小人(高校生以下)/280円 15人以上の団体440円

詳細ページ

写真:具雑煮
具雑煮(昼食)

寛永14年(1637年)、天草四郎が農民やキリシタンを率いた天草・島原の乱は、島原市に「具雑煮」という郷土料理をもたらしました。天草四郎ら反乱軍が篭城の際、餅を兵糧として蓄えさせ、山海の具を集めて雑煮を炊いたことに由来します。元々、大なべに近辺で取れる野菜や魚などを大量に入れて煮込んだ素朴な料理で、だしは、カツオだし、いりこ、かしわ、あご、こんぶなど家庭によって異なります。基本的に現在の具は山芋、ゴボウ、レンコン、白菜、椎茸、鶏肉、蒲鉾、焼きあなご、卵焼き、春菊、もち等10数種類がふんだんに使われています。また、長崎白菜といわれる白菜とは異なるチンゲンサイによく似た野菜を使用する場合もあります。

武家屋敷

島原城の西に接した上新丁、下新丁、古丁、中ノ丁、下ノ丁、江戸丁、新建に扶持取り70石以下の徒士屋敷約700戸が軒を連ねていました。

鉄砲隊の居住地であったことから、一帯は鉄砲町とも呼ばれていました。

各丁の道路の中央には水路を設け、清水を流して生活用水としていましたが、防災・防火の見地から片側に移設。

けれど下の丁の町並みだけは、住民のご協力を得て「武家屋敷町並み保存地区」として定め、昔どおりに保存されています。

現在、保存されている下の丁の武家屋敷は、延長406.8メートル、幅長5.6メートルの町並みで山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒が一般に無料開放され、当時の武家生活の様子が偲ばれます。

湧水庭園四明荘

明治後期に別邸(宅地187.8坪、木造瓦葺約40坪)として建築され、四方の眺望に優れていることから「四明荘」と名付けられました。
1日約1,000トンの湧水量を誇る池には色とりどりの鯉が泳ぎ、庭内には赤松や楓など様々な植栽が施されており、見るものすべてを魅了します。

座敷は正面と左側面の二方が池へ張り出して縁を廻しており、一段高い屋敷から庭園を見下ろすと座敷と庭園が一体となり、ここでしか見られない独特の美しい景観が広がります。

住所
長崎県島原市新町二丁目
電話番号
0957631121
利用可能時間
9:00~18:00
利用料金
大人/310円 小人(高校生以下)/150円
※入場券は「鯉の泳ぐまち 観光交流センター 清流亭」にて、事前にお買い求めください。 (四明荘より徒歩1分)

詳細ページ

しまばら湧水館(Koiカフェ ゆうすい館)

島原名物『かんざらし』の手作り体験道場と無料の休憩所として開放していたしまばら湧水館が「Koiカフェ ゆうすい館」、喫茶もできる店舗として2021年7月1日リニューアルOPENしました。

「鯉の泳ぐまち」の一角にあり、湧水のせせらぎを聴きながらほっと一休みできる癒しのスポットです。

住所
長崎県島原市新町2-122
電話番号
0957628102
利用可能時間
9:00~17:30
利用料金
★かんざらし手作り体験1000円
かんざらし手作り体験セットプラン
★かんざらし君セット1200円
★しまばらんセット  1200円

詳細ページ

約15分

島原駅

ぐるっと島鉄フリーきっぷ(約70分)

諫早駅

シュガーロードパス

シュガーロードパスで美味しくまちあるき♪

日本遺産に登録されている「長崎街道~シュガーロード~」には、古くから受け継がれる伝統の名菓と 流行と共に進化を続けるスイーツのお店がいっぱい!今回6つのエリアで町歩きしながらスイーツを楽しむプランです。

シュガーロードパスについて詳しくはこちらをご覧ください。
シュガーロードPASS

JR西九州新幹線&特急

GOAL

博多駅

マップ